美容と健康との関係性について

美容と健康は分野が違うもののようですが、実は双方には密接な関係があります。
健康状態が悪くなれば美容面にも悪影響が出てきますし、美容面で効果のあるケアをおこなうことで健康面にも良い効果が出てきたりするのです。

具体的な例を挙げますと、たとえば腸内環境が悪くなり便秘になると、肌に吹き出物ができやすくなります。
また、肌や髪への保湿効果のあるヒアルロン酸やコラーゲンなどのサプリメントを飲むと、眼球や関節なども潤って良い状態になります。

このように美容と健康には深いつながりがあるのです。
したがって美しい自分になりたいと希望している人は、化粧など表面的な部分の努力をおこなうだけでなく、健康管理にも十分に気を配る必要があります。

バランスの良い食事や質の良い睡眠、適度な運動など健康に良いことを積極的におこなっていれば、美容面でも必ず良い効果があらわれてきます。
美しくなれるだけでなく、健やかに過ごせる日々、ひいては長寿まで得ることができるようになります。

DHAとEPA サプリメントがお勧め

最近サプリメントとしてDHAとEPAを摂取する人が
多くなっています。
DHAとは体の中の脂質を構成するもので、
体の中では作られないので、
食事やサプリで摂取しなければなりません。

では、DHAやEPAが最近なぜ人気になったのか、
それはその効果にあります。
DHAの効果は様々あり、みなさにもよく知られていることが
コレステロールや中性脂肪の低下だと思います。

その他にも記憶力の向上、
精神安定等の効果もあり非常に優れた栄養なのです。
食事でDHAを摂取しようとすると
青魚のマグロやサバを取らなければならず、
その他の食材ではDHAはほとんど含まれていないのです。

次にEPAは、DHAと同じで脂肪酸です。
EPAの効果は血液をサラサラにしてくれるだけでなく、
その血液の中にある中性脂肪を減少させます。

他には、善玉のコレステロールの数を増やして
血管の老化を防いでくれ、
さらに悪玉のコレステロールも減少させます。
それだけでなくアレルギーや感染症状の対策にもなります。

ただでさえ魚の摂取量が減っている現代では、
たくさんの良い効果のあるDHAとEPAの摂取量も減っています。
毎日青魚を食べるのは困難だと思います、
そこでDHAのサプリメントを摂取することで魚不足を補えます。

日本人の食事摂取基準というものを
厚生労働省が発表しており、その中の日本人の
食事摂取基準に書かれている内容は、
DHAとEPAを1日に1,000mg食事等で
摂取することを勧めています。

若年世代に限らず中高年の摂取量も年々減少しているので、
そんな日本人のためにDHAとEPAのサプリメントがお勧めです。

私はきなりというDHP、EPAのサプリメントを実際使用して、
検診でコレステロールの数値がかなり下がりました、
みなさんも使ってみてはいかがですか。